山形放送、VR事業を開始 地域産業の活性化にも貢献
17MAY

山形放送、VR事業を開始 地域産業の活性化にも貢献

編集部 2017/5/17 18:30

山形放送は15日、VR(仮想現実)動画映像制作配信事業を開始し、360度動画コンテンツを配信・販売すると発表。制作は同社の制作協力として番組やコマーシャルの制作実績を多数持つほか、4Kドローン撮影の分野では受賞の実績もある「株式会社プライド・トゥ」と共同で行なうとのこと。

※山形放送「VR動画サイト」キャプション

配信にはYouTubeを利用し、パソコン・スマートフォンいずれからも視聴でき、市販のVR用ゴーグルを組み合わせれば、他のVRコンテンツ同様に立体回・没入感のある映像体験を楽しむことが可能だ。

このスキームの活用により、山形県内の観光施設・名所スポットを具体的にイメージできるほか、国内での集客促進、YouTubeの活用によるインバウンドの促進も期待できる。

同様の試みは東京都、北海道美唄市なども行なっているほか、北海道放送もVR視聴専用アプリをリリースし地域の観光資源を活かしたコンテンツを配信するなど、VRの活用による地域観光・地域産業の活性化がめざましい。

山県放送「VR動画サイト」

リリース

PAGE TOP