10代女子は動画よりもテレビを見ている!?GMOメディアが調査
31AUG

10代女子は動画よりもテレビを見ている!?GMOメディアが調査

編集部 2017/8/31 17:00

GMOメディア株式会社は8月28日、同社が運営する10代の女の子に関する研究機関『プリキャンティーンズラボ』が実施した「10代女子の動画・テレビの視聴に関する調査」の結果を発表。オンライン動画とテレビ、それぞれの視聴実態が明らかになった。

総務省が2016年に発表した調査によると、近年は「若者のテレビ離れ」が顕著で、インターネットの利用時間はテレビの利用時間を上回っているという。インターネットを通じた動画サービスが若者を中心に普及しており、最近ではYouTubeをはじめとする動画配信プラットフォームのみならず、リアルタイムで映像を配信できるライブ配信など様々なサービスが登場している。
今回の調査は、こういった背景から10代女子のオンライン動画の利用実態を探るとともに、「テレビ離れ」と言われている彼女たちのテレビとの関わり方について調査したものだ。

調査期間は2017年8月11日~18日。有効回答数は1053名で、回答者の年齢は13~15歳がボリュームゾーンとなり、属性別では中学生が53.9%と過半数を占めている。

■大多数がオンライン動画とテレビを“ほとんど毎日”視聴!

10代女子にオンライン動画とテレビの視聴頻度を聞いたところ、双方ともに「ほとんど毎日(オンライン動画:67.7%、テレビ:83.5%)」という回答が大多数を占め、特にテレビについては、8割超の子がほぼ毎日視聴しているということだった。

オンライン動画/テレビの視聴頻度

■オンライン動画より、テレビの方が長時間視聴する子が多い!

また、それぞれを視聴している子に平日1日あたりの平均視聴時間を質問したところ、双方ともに「1時間~3時間未満(オンライン動画:48.8%、テレビ:48.6%、各合算値)」という回答が約半数を占めた。
さらに「3時間以上」という回答を合算すると、テレビ(30.4%)がオンライン動画(22.0%)の割合を8.4ポイント上回る。このことから、オンライン動画よりも、テレビの方が視聴時間が長い、という子が多いことがわかる。

オンライン動画/テレビの平日1日あたりの平均視聴時間

■テレビは“ながら見”が基本?約9割が「録画をする」

テレビを視聴すると答えた子に、テレビを視聴するシチュエーションを尋ねたところ、「食事をしながら(84.8%)」、「(リビングなどで)家族と話をしながら(66.4%)」、「SNSやLINEなどで誰かとコミュニケーションを取りながら(55.2%)」が上位にランクイン。「他のことをしながらテレビを見ることはない(4.9%)」はごく少数にとどまっており、10代女子は一般的にテレビを“ながら見”しているということがうかがえる結果となった。

テレビを視聴するシチュエーション

また、テレビ番組を録画することはあるか、という質問については、8割超の子が「録画して、後で見ている(81.3%)」と回答。「録画することはあるが、あまり見ない(7.8%)」という回答と合わせると、録画する子は9割近くに上った。

テレビ番組を録画することがあるか

このほか、調査結果ではオンライン動画を視聴するデバイスや利用しているサービス、またよく視聴する番組のジャンルについてなどの統計も発表している。

リリース

PAGE TOP