ニールセン、『ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~』を発表
30SEP

ニールセン、『ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~』を発表

編集部 2017/9/30 10:00

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社は、米国のミレニアル世代のメディアの視聴状況をまとめた『ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~』を今週20日に発表。本レポートは、ミレニアル世代のライフスタイルのデータとインサイトを収集、調査したもの。

米国で2番目に人口が多く、大きな消費影響力を持つミレニアル世代は主に2000年代に成人あるいは社会人になる世代のことを指す。ミレニアル世代の特長としては、①あらゆる面において、デジタルの世界に対して他の世代の消費者とは全く異なるアプローチを取る、②グループでの会話にメッセージングアプリを使っている人の割合が高い、③約60%の人が音楽ストリーミングの聴取に2種類以上のアプリを利用、などが挙げられる。

本レポートは、専用アドレス(MillennialReport@nielsen.com)に購読希望のメールを送ることで、全文を読むことができる。また、リリース記事内のリンクからはレポートの要約版のダウンロードも可能だ。

リリース

PAGE TOP