インスタ女子が急増中~『インスタ映え』を意識したキャンペーンが成功のカギ~
05OCT

インスタ女子が急増中~『インスタ映え』を意識したキャンペーンが成功のカギ~

編集部 2017/10/5 10:00

株式会社ビデオリサーチ(以下ビデオリサーチ)は3日、SNSの利用状況に関して、生活者調査「ACR/ex」を使った調査結果を発表した。

<3大SNSサービスの1か月以内の利用有無の推移>

<性年代別1か月以内利用有無(2016年 ⇒ 2017年)>

ここ4年間のSNSサービス(Facebook、Instagram、Twitter)の利用状況を比較すると、最も利用率が伸びているのがInstagram。昨年と比較すると6.5%アップとなっているが、20~34才の女性に限ると28.6%から41.0%に増加している。このことからも、特に20代~30代前半の女性にInstagramが広まっていることが分かる。

<女性20-34才におけるSNSサービスの利用状況>

次に20~34才の女性のSNSの利用状況を見てみよう。2014年はInstagramの占める割合は11.8%だったのが、2017年には41.0%と他の2サービスと肩を並べている。さらに16.0%は3サービスを併用している。

<女性20-34才の各SNSユーザーにおける「情報入手に関する意識」>

グラフから見受けられる20代~30代前半女性のInstagram利用者の特長は、他の2サービスに比べ「最新情報をいち早く入手したい」という願望が利用者に強いことだ。「情報収集に熱心」という点からも、インスタに投稿するネタを熱心に探している様子が伺える。新商品の広告にも敏感と思われ、『インスタ映え』を意識したキャンペーンを行うと効果的かもしれない。

Instagramで思わず発信したくなるようなキャンペーンを実施することで、他のInstagramユーザーへもInstagram経由でキャンペーンの情報を広めることが可能になっている。今後はだれかに共有したいと思わせる仕掛けや内容をキャンペーンに取り入れることが、より高い効果を得るために重要になってくるだろう。

リリース

PAGE TOP