メ~テレ、「8Kから4Kへのライブ切り出し」「8K伝送実験」の公開デモを実施
29SEP

メ~テレ、「8Kから4Kへのライブ切り出し」「8K伝送実験」の公開デモを実施

編集部 2018/9/29 08:30

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、9月29日(土)と30日(日)の2日間で開催される「メ~テレ秋祭り2018」において、「8Kから4Kへのライブ切り出し」と「8K伝送実験」の公開デモンストレーションを実施することを発表した。

2018 年3 月、メ~テレは地上波の民放テレビ局として他に先駆けて 8K カムコーダーを導入。超高解像度の 8K 映像を活用した様々な映像制作を行ってきた。今回行われるデモンストレーションの詳細は以下のとおり。

■8Kから4Kへのライブ切り出しによる映像制作

高画質な映像から任意の範囲を切り出し、スケーリングする技術、ROI(Region of Interest)を用いて、8K カメラで撮影した映像から任意の領域を切り出し 4K にスケーリングする 8K ROI をライブで実施する。

・Region of Interest
Region of Interest(ROI)とは、画像の中で注目された特定の領域のことを指す。今回は 8K カムコーダーで撮影した映像からリアルタイムに ROI の切り出しを行うことで、自由なカメラワークでの 4K 映像を作成。8K 映像からの切り出しならば、切り出された映像も十分な解像度を持つため、ROI による映像制作は効果的な 8K 映像活用手法の 1 つであると考えられる。ROIにはMulti Media Scan Converter MC-2086(アストロデザイン)を用いる。

■8K伝送実験

8K映像はその高精細な画質を持つ反面、莫大な情報量を持つため、その伝送路をどう確立するかが課題の一つとなっている。今回はその方法として8K映像をエンコーダーで圧縮して、FPU(無線映像伝送装置)を使って伝送。その映像をMMT形式に変換する事で将来の 5G を想定した高速なネットワークでの伝送も行う試みを実施。これら2つの「8K映像伝送」を公開デモンストレーションする。

DVB-ASI 形式への変換はソシオネクスト製8K HEVC エンコーダーを、また、MMT 形式への変換はターボシステムズ製ZJive for MMT を用いる。

リリース

PAGE TOP