ビデオリサーチ、LiveRamp社のデータ流通・売買プラットフォームData Storeに参画
14OCT

ビデオリサーチ、LiveRamp社のデータ流通・売買プラットフォームData Storeに参画

編集部 2018/10/14 10:30

ビデオリサーチは10月10日、データ統合ソリューション「VR LINC(ブイアール リンク)」を、LiveRamp Japan株式会社が保有するデータ流通・売買プラットフォーム「Data Store」と新たに接続。同プラットフォームにデータパートナーとして参画したことを発表した。

「VR LINC」は、テレビ視聴データをはじめとした、ビデオリサーチが保有するメディアデータおよびプロフィールデータを供給するソリューション。また「Data Store」は、3rd partyデータを中心としたデータ提供企業が売り出すデジタル広告配信セグメントを、広告会社や事業主などの購入希望者が自由に選び、購入できるプラットフォームである。

<Data Store 利用イメージ>

ビデオリサーチは2017年12月から「VR LINC」を通じて既にLiveRampと接続し、オフラインのメディア接触や行動を加味したオリジナルセグメントを提供してきた。今回の「Data Store」への追加参画によって、「Data Store」利用者はFacebook広告などでビデオリサーチとの個別契約の手間なく、デジタル広告配信セグメントを購入・利用することが可能となる。

<Data Storeとの連携スキーム>

提供配信セグメントには、テレビ視聴量、テレビ視聴パターン、テレビ視聴ジャンルなどのメディア系以外にも、クレジットカードの利用金額や所有枚数、利用している小売店、飲食店の利用経験・利用意向などがある。これらのセグメントにより、オンラインとオフライン、両者を統一したメディアプランニングの検討や、実際のデジタル広告配信に活用することができる。

リリース

PAGE TOP