テレビ東京HD、ドコモと「柔道グランドスラム2018」で5Gを活用した「VRソーシャルビューイング」の実証実験
21NOV

テレビ東京HD、ドコモと「柔道グランドスラム2018」で5Gを活用した「VRソーシャルビューイング」の実証実験

編集部 2018/11/21 17:00

株式会社テレビ東京ホールディングス(以下、テレビ東京HD)と、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は21日、「柔道グランドスラム2018」において、第5世代移動通信方式(以下、5G)を利用した、VR空間内でのスポーツ観戦と観戦者同士のコミュニケーションが楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を、11月24日(土)に実施すると発表した。

本実証実験で実施する「VRソーシャルビューイング」では、ドコモが開発した「VRアバターコミュニケーションプラットフォーム」により、試合会場と離れた場所にいる観戦者がヘッドマウントディスプレーを装着し、5Gを通じてVR空間へ参加することで、VR空間内でのトークライブや参加者同士でのコミュニケーションを楽しみながら、VR空間内に設置されたディスプレーを通じて、スポーツ中継映像をリアルタイムで楽しむことができる。

VR空間内へ投影される映像は、会場内の四つの試合場や練習場などのさまざまな地点や角度から撮影した最大16台のカメラの映像で、高速・大容量が特長の5Gを活用して送信。観戦者は、VR空間内で、最大16画面の映像から、見たい映像を選択して、観覧することができるという。

また、本実証実験での「VRソーシャルビューイング」の模様は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも無料同時配信しされる。テレビ東京HDとドコモは、この「VRソーシャルビューイング」による新たなスポーツ観戦スタイルやビジネスモデルの可能性について、今後も検証を行っていく方針だ。

リリース

PAGE TOP