テレ朝と共同開発、AbemaTVでAIが瞬時に字幕表示
15DEC

テレ朝と共同開発、AbemaTVでAIが瞬時に字幕表示

編集部 2018/12/15 13:25

テレビ朝日とAbemaTVが共同開発したリアルタイムAI字幕システム「AIポン」を、生放送のニュース番組で取り入れる放送を試験的に開始することを10日に発表した。国内初の試み。

試験放送は、毎週月~金、昼12時~1時、AbemaNewsチャンネルにて放送されている『けやきヒルズ』にて行われる。

導入イメージ

「AI(あい)ポン」は、生放送中にスタジオで繰り広げるトークの内容を、リアルタイムに音声認識し、字幕として画面に出力するというもの。Googleが提供する音声認識テキスト変換サービス「Cloud Speech-To-Text API」をベースに、株式会社LASSICが開発した「LASSIC Speech Recognition」を活用している。

出演者の音声を認識して、ニュース放送に適切な文章に自動で変換。現状のテレビ局等で導入されているリアルタイム字幕に対し、表示までが約1秒と、大幅な短縮が見込まれる。最新の機械学習アルゴリズムを取り入れており、固有名詞の習得など、日々の放送を通して音声認識精度が向上することが期待されている。

リリース

PAGE TOP