LINE、「チャット型リサーチ」の第1弾として「TV番組評価調査パッケージ」提供開始
18MAR

LINE、「チャット型リサーチ」の第1弾として「TV番組評価調査パッケージ」提供開始

編集部 2019/3/18 19:35

LINE株式会社(本社:東京都新宿区)は、自社が提供するスマートフォン時代のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の新メニューとして、LINEのトーク上からチャット形式でアンケート調査が可能な「チャット型リサーチ」をリリース。その第一弾として、「TV番組評価調査パッケージ」の提供を開始したことを発表した。

「LINEリサーチ」は、LINEが保有するアクティブ数454万人にもおよぶ調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム。今回リリースした「チャット型リサーチ」は、あらかじめ設定した条件に合った調査対象に向けて、指定した時間にLINEのプッシュ通知でアンケートを配信することで、LINEのトーク上で、チャット形式のアンケート調査を行うことができるというもの。

その第一弾として提供が開始された「TV番組評価調査パッケージ」は、テレビ番組やタイムCM、タイアップ広告やプロダクトプレイスメントについての調査を行うというものだ。

「TV番組評価調査パッケージ」アンケート実施例

番組の放映時間に合わせて配信されるアンケートは、「LINE」のプッシュ通知で送られるので、番組視聴中であっても開封されやすい。さらに、トーク上からチャット形式で回答できるため、番組視聴中や視聴直後のリアルタイムな反応を得やすいのが特徴。

番組を見てからアンケートを実施するまでの時差が少ないため、質と鮮度が高く、粒度の細かい回答内容を収集することができ、今後の番組内容やタイムCM枠の検討材料として有効に活用することが可能だ。

LINEリサーチのモニターは、454万人のアクティブモニターのうち10〜29歳が55%を占めるため、一般的な調査では出現率の低い10代〜20代前半の若年層を対象とした視聴情報の収集に活用できるほか、首都圏以外の地域の放映に関する状況を把握することもできる。

LINEは今後、購入したファッションアイテムや日常のコーディネートの写真をもとにした調査が可能な「ファッションスナップ調査パッケージ」、食事内容や購入食材に関する調査を行う「ミール調査パッケージ」など、複数のパッケージを提供する予定だ。

リリース

PAGE TOP