読売テレビ『ザ・ローリングキッチン』の世界配給が決定
06APR

読売テレビ『ザ・ローリングキッチン』の世界配給が決定

編集部 2019/4/6 08:30

読売テレビとオランダ・アムステルダムを本拠地とするEndemol Shine Groupは、『ザ・ローリングキッチン(英題:The Rolling Kitchen)』について、世界配給の契約を締結したことを発表した。4月7日よりフランス・カンヌで開かれるMIPTVでセールスが開始される。

『ザ・ローリングキッチン』は、世界へのフォーマット販売を見据え、2018年9月に読売テレビが開発・放送したバラエティ番組。『料理の鉄人』を手掛けた田中経一が演出を担当している。番組のフォーマットは、2組の夫婦が賞金を懸けて、どちらの料理が美味しく出来上がるのかを競うというもの。それぞれ対角線上にあるキッチンで指定された料理を作るが、料理中の会話は禁止。番組の特徴は、10分毎にキッチンが 180度回転するという仕掛けで、自分のパートナーが途中まで作った料理を引き継いで完成まで目指す。

Endemol Shine Group(エンデモルシャイングループ)はオランダ・アムステルダムに本拠地を置く、世界最大級の番組制作、企画、配給会社。ヨーロッパ、アジア、南米など世界各地に現地法人を展開しており、『Master Chef』『Big Brother』『Deal orNo Deal』など世界的大ヒットバラエティフォーマットを制作・配給している。本番組の日本を除く全世界独占配給権を獲得したことで、同社は全世界で各国バージョンの番組プロデュースが可能となる。

PAGE TOP