ビデオリサーチ、Tableauを利用したオリジナルダッシュボードの提供を開始
06JUN

ビデオリサーチ、Tableauを利用したオリジナルダッシュボードの提供を開始

編集部 2019/6/6 17:39

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区)は、全国でオンエアされたテレビCMに関する情報が把握できるデータベース「全国テレビCMデータ」の利用に最適なオリジナルのダッシュボードの提供を開始したことを発表した。

これにより、全国のテレビCMに関する情報を簡便な操作で、直感的に把握することが可能となる。

今回、ビデオリサーチが提供を開始するオリジナルダッシュボードは、長年培ってきたテレビCM関連の分析知見を元に開発した。今までテレビCMに関する各種出稿データを分析する機会がなかったユーザーでも、見るべき情報をクイックかつスムーズに把握できるような各種機能を装備。オリジナルダッシュボードのテンプレートとして、「For Quick Check」「For Analyze」「For Discover」の3タイプを用意している。

「For Quick Check」は、主にテレビCMやデジタル広告をキャンペーン単位で出稿するスポンサー企業様向けのもの。一目でコンディション把握ができるクイックボックスなどで、日々のテレビCM出稿状況をクイックに確認できる。キャンペーン運用時に利用可能だ。プランニング・分析に適した「For Analyze」は、他社の動向やターゲット・地区ごとに深掘りした分析を行いたいときに有用。「For Discover」は、放送局や総合代理店など、1社で数多くのテレビCMを取り扱う企業様に向いている。特定の条件に合う広告主/銘柄を並び替えられるランキングボードを採用しており、テレビCM全体を俯瞰して分析することができる。

各ダッシュボードを組み合わせるアレンジや、購買データやウェブサイトへの接触ログデータなどの別データと組み合わせた独自のダッシュボードを新たに構築するといったカスタマイズや、テレビCMの出稿データソースのみの提供も可能となっている。

リリース

PAGE TOP