テレビ朝日、“夏祭り”で更に進化したドラえもんARアトラクション
16JUN

テレビ朝日、“夏祭り”で更に進化したドラえもんARアトラクション

編集部 2019/6/16 09:34

株式会社テレビ朝日は14日、今夏の「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」にて、ドラえもんを中心としたアトラクションを開催することを発表。昨年も好評だったARアトラクションをはじめ、様々な企画が用意されている。

まずは、昨年も好評だったドラえもんARアトラクションが、今年は更にパワーアップして、テレビ朝日本社・アトリウム2Fのみらいワールドに登場。舞台は、タイムスリップして到着した白亜紀の恐竜時代。そこで、恐竜に取られてしまったひみつ道具を「探知レーダー」(タブレット)を使ってドラえもんやのび太たちと共に、制限時間内に取り戻すアトラクションとなっている。

他にも、ARを使った企画「ドラえもんARスタンプラリー」を実施。夏祭り会場内にあるドラえもんARマーカーを見つけて、スマホのカメラをドラえもんにかざしてひみつ道具を集めると、夏祭り限定のオリジナルフォトフレームがもらえるスタンプラリー。詳細は、夏祭り公式サイトにて近日発表。

この他、夏祭りの玄関口とも言える「66プラザ」には、今年もたくさんの等身大のドラえもんが登場したり、テレビ朝日本社7Fのスカイフードテラスには、六本木ヒルズの各エリアからも見える高さ10メートルのドラえもん巨大バルーンが、今年も出現したりと、様々な催しが予定されている。

公式サイト

PAGE TOP