スポーツ観戦興味層の約3/4はOTT非加入も利用率は増加!?ニールセン、スポーツ観戦の関する調査レポートを発表
07AUG

スポーツ観戦興味層の約3/4はOTT非加入も利用率は増加!?ニールセン、スポーツ観戦の関する調査レポートを発表

編集部 2019/8/7 18:05

マーケティング調査会社「ニールセン」傘下の「ニールセン スポーツ ジャパン株式会社」(本社:東京都港区)は7日、スポーツファンのOTTサービス浸透状況やOTTでのスポーツ観戦の実態について自主調査を実施。2017年からの経年比較により、OTT市場のトレンドと現状をまとめた。

本調査によると、OTTサービスでのスポーツ観戦は「DAZN」を筆頭として徐々に浸透。スポーツ観戦者の約3/4人はOTTサービスに非加入だが、経年比較では利用率は増加。「Rakuten TV」「バスケットLIVE」など新規参入数も伸びており、「料金が高い」「画質が粗い」といったOTTに対するネガティブな印象は減少傾向にある。市場の変化やニーズに合わせたサービス展開が、今後の利用者拡大には重要なようだ。

調査結果はその他、OTTで観戦するようになってから「観戦ゲーム・チーム数」「スタジアム観戦機会」が増えた人が昨年から増加、OTTで視聴されるスポーツは他競技を大きく引き離し「サッカー」「野球」が2強、スポーツOTT機能として関心が高いのはカメラ切り替え機能と試合や選手に関するリアルタイムな詳細データであるなど。

■調査対象OTTサービス一覧
「LINE LIVE」「AbemaTV」「TVer」「DAZN」「バスケットLIVE」「パ・リーグTV」「Hulu」「Netflix」「J SPORTオンデマンド」「dTV」「Amazonプライムビデオ」「スカパー!オンデマンド」「WOWOメンバーズオンデマンド」「J:COMオンデマンド」「TSUTAYA TV」「Rakuten TV」

リリース

PAGE TOP