ACCESSとVINM、ドイツの自動車業界向けにテレビ向けエンターテインメントの提供で協業
19AUG

ACCESSとVINM、ドイツの自動車業界向けにテレビ向けエンターテインメントの提供で協業

編集部 2019/8/19 18:00

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、以下ACCESS)とViacom International Media Networks(本部:米国ニューヨーク、以下VINM)は19日、ACCESSの次世代車載情報サービス「ACCESS Twine(TM) for Car(Twine4Car)」を介してドイツの自動車業界向けにViacomの世界的に有名なテレビ向けコンテンツを配信することで業務提携したことを発表した。

本提携に基づき、ACCESSは、「MTV」、コメディ中心の「コメディ・セントラル」、幼児・児童向け「ニコロデオン」といったViacomが保有するドイツ語版テレビ向けリニア・チャンネル(放送波と同時にコンテンツをIP配信するチャンネル)の版権を取得し、ドイツの自動車メーカーにより開発される車載向けにリニア配信していく。

「Twine4Car」を介して提供されるViacomのチャンネルは、ドイツで放映中のテレビ向けネットワークとサイマル放送され、無料で視聴することが可能。「ニコロデオン」のチャンネルには、アニメ『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』や、『キッズチョイス・アワーズ』等の国際イベント、現地制作の『スポットライト』が含まれる。またティーンエイジャーや成人向けとして、「MTV」では『Yo! MTV Raps』、『ジャスタトゥー・オブ・アス』、『MTV EMA』の最新エピソードが、「コメディ・セントラル」ではドイツのスタンドアップ・ショー『Standup 3000』、カルト的人気アニメ『サウスパーク』が配信される。

「Twine4Car」は、自動車メーカー向けの柔軟なマルチメディア・コンテンツサービスで、ソフトウェアコンポーネント、動画および音声コンテンツ権、コンサルティングなどで構成。「Twine4Car」は自動車業界とコンテンツ業界間の障壁を取り除き、ドライバーや搭乗者が、より安全に、快適に、柔軟に楽しめるように、独自のコンテンツ視聴環境を提供。

今回の提携について。VIMN南欧/西欧・中東・アフリカ地域プレジデント兼マネージングディレクターのRaffaele Annecchino氏は、「Viacomは、次世代モバイルネットワーク技術によりコネクテッドカーや外出先での没入型エンターテインメントが実現されつつある今、車載向けエンターテインメントはメディア業界にとってエキサイティングな新たなフロンティアになると確信しています。今回の提携はViacomにとって初となり、あらゆる世代の人々が真に楽しめる視聴体験を提供するという我々の可能性を披露でき嬉しく思います」と。

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO)Dr. Neale Fosterは、「自動車業界には、これまでにない機会が訪れていると同時に、課題が押し寄せています。当社はViacomのコンテンツやブランドを『Twine4Car』に採り入れることで、自動車メーカーのユニークなエンターテインメント体験の提供を可能とし、顧客エンゲージメントの強化を支援します。VIMNとの今回の提携によりメディア業界と自動車業界を結び付けることはエキサイティングなことであり、ドライバーや搭乗者に向けた魅力的な次世代車載サービスのあり方を、根本から変革していくことになると期待しています」と述べている。

リリース

PAGE TOP