LINE NEWS、フジテレビとタッグで“放送局との動画連携”「Replay Cast」提供開始
12SEP

LINE NEWS、フジテレビとタッグで“放送局との動画連携”「Replay Cast」提供開始

編集部 2019/9/12 17:24

LINE株式会社(本社:東京都新宿区)は、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、放送局との動画連携機能「Replay Cast」の提供を開始した。

「LINE NEWS」は、2019年7月末時点で6,800万人の月間利用者数を擁し、月間PV数は2019年7月末時点で120億を突破している。また、800を超えるパートナーメディアとともに、1日7,000件以上のコンテンツを6,800万人のユーザーにパーソナライズし配信する、国内最大規模のコンテンツプラットフォームとして成長を続けている。

LINE NEWSでは、2019年6月に開催された「LINE CONFERENCE 2019」において、放送局との動画連携機能である「Replay Cast」の構想を発表していたが、この度、9月14日(土)より提供開始する。

「Replay Cast」は、ネット上に同時放送されている番組を対象に、その番組のリプレイ動画などの「見どころ」をLINE NEWS内の「実況記事」へ掲載するといったもの。さらに、「LINE公式アカウント」を通じリアルタイムでLINEにプッシュ配信することで、ユーザーへ番組の「見どころ」をお知らせする仕組みとなっている。ユーザーはプッシュ配信された「見どころ」通知から、 その続きを記事で追うことができ、 更に同時放送の配信先で同番組の「LIVE動画」をネット視聴することが可能だ。

この「Replay Cast」は、9月14日(土)から10月15日(火)まで、 フジテレビ系列(一部地域を除く)で放送される『FIVBワールドカップバレーボール2019』で配信が決定。フジテレビと連携し、ワールドカップバレーの日本戦全22試合において、試合中の「ファンタスティック投票」で選ばれたナイスプレイ動画や、試合の「ダイジェスト」に加え、「トレースビジョン」「モーションカウンター」といったフジテレビ独自の動画を「LINE NEWS」内の特設実況ページに掲載。それらの動画が掲載されたタイミングでユーザーへLINEを通じたプッシュ配信を行うことにより、ユーザーを「LINE NEWS」内の実況記事へ送客する。これにより、 ユーザーはリアルタイムに近い形で試合の「見どころ」を視聴でき、さらに試合を見たい場合はフジテレビの動画配信プラットフォームである「FOD」上で配信されるLIVE動画へ遷移することが可能となっている。

なお、「Replay Cast」のプッシュ配信は、「LINE NEWS更新通知」のLINE公式アカウント(@oa-linenews-notice)を友だち追加することで受け取ることができる。

【関連記事】LINE、テレビ東京とタッグで放送のリプレイ動画を「LINEニュース」に配信

また、2019年11月には、テレビ東京との連携により卓球の『卓球ワールドカップ団体戦』においても「Replay Cast」配信を予定している他、 今後はその他のスポーツ競技等においても同様の試みを実施していく予定だ。

リリース

PAGE TOP