日本テレビ、日本民間放送連盟賞 技術部門「画像認識AIを用いた番組応用と展開」で優秀受賞
22SEP

日本テレビ、日本民間放送連盟賞 技術部門「画像認識AIを用いた番組応用と展開」で優秀受賞

編集部 2019/9/22 09:32

日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区 以下、日本テレビ)は、日本民間放送連盟賞技術部門優秀を受賞した。

日本民間放送連盟賞は、放送技術に関する開発・改良等によって、民放事業に貢献し、その発展に寄与したと認められたテーマに対して授与されるもので、技術部門「画像認識AIを用いた番組応用と展開」で優秀受賞した。

【関連記事】日本テレビ「AI顔認識システム」活用実験から見えた、これからの人間の働き方

画像認識AIを用いたコンテンツの解析は、日本テレビの開発テーマであり、昨年のロードレース中継から制作支援用途として活用していた。(昨年度は日本民間放送連盟賞技術部門最優秀含む5つの賞を受賞)。今年度のロードレース中継では、選手間の距離差を推定した結果をOAに活用し、定点カメラ映像の選手を認識し、チーム名や選手名を自動表示して配信にも活用することができた。

また、新たなコンテンツ解析としては、顔認識AIで選挙特番の映像素材の被写体を自動認識することで、候補者氏名の確認作業やメタデータ入力作業などを高精度化、および効率化することができた。これらの先進的な取り組みが、働き方改革にも大きく貢献できるものとして高く評価された。この画像処理技術をさらに応用し、ラグビーなどのフィールド競技における選手の速度や累計走行距離の測定などにも活用を開始。今後、野球やサッカーの試合展開の把握などでも活用を検討しているとのこと。

「画像認識AIを用いた番組応用と展開」関連の受賞
●平成31年 日本民間放送連盟賞 技術部門 優秀
●第46回 映像情報メディア学会 技術振興賞 進歩開発賞(現場運用部門)
●第72回 日本映画テレビ技術協会 映像技術賞(OAG)

リリース

PAGE TOP