haremachi TVがAIアナウンサー「荒木ゆい」を導入 岡山県内での採用は初
10OCT

haremachi TVがAIアナウンサー「荒木ゆい」を導入 岡山県内での採用は初

編集部 2019/10/10 09:41

OHK(岡山放送株式会社)とイオンモール岡山が共同運営する商業施設内放送「haremachi TV」では、 AIアナウンサー「荒木ゆい」を10月末まで導入しナレーションとして起用。なお、荒木ゆいを岡山県内で採用したのは今回が初となる。

【関連記事】高知さんさんテレビ、働き方改革の一環としてAIアナウンサー「荒木ゆい」を採用

haremachi TVは、イオンモール岡山の来館客に向けて、オリジナル番組やショップの最新情報やイベント中継などを、館内外52機のデジタルサイネージとインターネット上で配信。取材から配信までをOHKが担当し、地上波放送と同レベルのクオリティで提供している。

荒木ゆいは、「㈱Spectee(スペクティ)」が開発し「ソニービジネスソリュー ション㈱」が販売するボイス・プラットフォームサービス。10万件のニュース音声などを機械学習し、人に近い自然な発音やアクセント、イントネーションを実現。PCのWebブラウザに文字情報を入力するだけで音声データが生成される。

リリース

PAGE TOP