アモビー、ラグビーワールドカップをトレンド分析 日本戦は海外でも高い関心
18OCT

アモビー、ラグビーワールドカップをトレンド分析 日本戦は海外でも高い関心

編集部 2019/10/18 12:32

デジタルマーケティングテクノロジーの世界的な企業として広告主、広告会社、放送局、プレミアムパブリッシャー向けにサービスを提供しているAmobee。その日本支社であるAmobee JAPAN(アモビージャパン/所在地:東京都品川区)は、デジタル上のコンテンツに対する消費者のエンゲージメントを測定するソリューション「Amobee Brand Intelligence」を使用して、ラグビーワールドカップ2019日本大会のトレンド分析を実施。

分析対象はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国が選ばれ、9月20日の大会開催初日と、9月28日に行われた日本対アイルランド戦での関心の高まりは、4カ国全てで確認された。

関連トピックとしては、ニュージーランド代表チームの「All Blacks」が総じて高く、チームに対する関心として4カ国のすべてで最も高い結果に。次いで、オーストラリア「Wallabies」、南アフリカ「Springboks」といったチームが関心を集めている。

PAGE TOP