TVISION INSIGHTS、2019年10月度の企業CMランキングを発表
03DEC

TVISION INSIGHTS、2019年10月度の企業CMランキングを発表

編集部 2019/12/3 16:11

独自に計測した視聴質データを基に、視聴者がどのようなCMを注視していたかを調査・分析しているTVISION INSIGHTSが、「企業CMランキング(2019年10月)」を発表。調査結果によると、全業界において最もCMが見られていたのは、JXTGエネルギー。以下はダイワハウス、ライフネット生命保険、キャノン、三菱地所、任天堂、日本生命保険、日本たばこ産業、創味食品、世田谷自然食品と続いている。

本ランキングは、テレビが点いている際にどれくらいTVの前に滞在しているかの度合いを示す「VI値(滞在度=Viewability Index)」と、テレビの前に人が滞在している際に、どれくらいテレビ画面に人の顔が向いているかの度合いを示す「AI値(注視度=Attention Index)」をかけあわせた、「VI値×AI値」の高い順に順位づけされており、2019年10月1日の放送から1,000GRP(Gross Rating Point/TVISION推定のものを使用。CMが放送された時点のTVオン率をベースに集計)に到達するまでの平均値を使用しており、企業ごとの出稿量の違いを省いて数値化している。

リリース

PAGE TOP