クボタのCMが1位に!TVISION INSIGHTSが2019年の「年間テレビCM注視度ランキング」を発表
21JAN

クボタのCMが1位に!TVISION INSIGHTSが2019年の「年間テレビCM注視度ランキング」を発表

編集部 2020/1/21 10:20

独自に計測した視聴質データを基に、視聴者がどのようなCMを注視していたかを分析しているTVISION INSIGHTSが、「2019年 年間テレビCM注視度ランキング」を発表。個人全体では、クボタの「壁がある。だから、行く。 Try For Dreams.」が1位を記録した。

2019年 年間テレビCM注視度ランキング(個人全体)

本ランキングは、テレビ画面に人の顔が向いているかを示す「AI値(注視度=Attention Index)」に基づき順位づけされており、数値が高いほど、CMが流れている時に画面を注視していた時間が長く、人数も多いことを示している。なお、M1層(20歳~34歳の男性)ではジャパネットたかたによる90秒CM「富士通 スマートフォン arrows J/新商品2019年11月1日発売」篇が1位となっている。

2019年 年間テレビCM注視度ランキング(M1層)
2019年 年間テレビCM注視度ランキング(F1層)
2019年 年間テレビCM注視度ランキング(M3層)
2019年 年間テレビCM注視度ランキング(F3層)

【関連記事】データで解明する!スポーツ番組の視聴の“質&価値”の最新動向

リリース

PAGE TOP