5G時代のコンテンツはインタラクティブ性が高くなる〜『5G準備委員会』イベントレポート【後編】

編集部

2020年1月16日、KDX虎ノ門1丁目ビル(東京都港区)において、「メディア&コンテンツ業界のための『5G準備委員会』」が開催。これは株式会社LiveParkが主催し、「次世代通信規格5Gのサービスで恩恵を受けるメディア・コンテンツは何なのか」を語り合うため、「5Gでビジネスはどう変わるのか」の著者クロサカタツヤ氏が招かれて行われたもの。

進行役はLivePark代表取締役の安藤聖泰氏と、エグゼクティブ・プロデューサーの清田いちる氏。本項の前編ではアメリカで開催されたばかりの世界最大級の技術見本市CESを踏まえた5Gの動向を中心に紹介したが、後編ではより具体的に、5G普及の問題、テレビの視聴形態の変化などについての話題を紹介する。

(登壇者)
クロサカ タツヤ
株式会社企 代表取締役/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授

(進行)
安藤 聖泰 株式会社LivePark 代表取締役
清田 いちる 株式会社LivePark エグゼクティブ・プロデューサー

CES2020で実感した5G時代の“エクスペリエンス”の重要性〜『5G準備委員会』イベントレポート【前編】

■非常に高い5Gの周波数が、新しいビジネスを生む可能性

2020年の春から本格的にスタートする5Gが利用する周波数帯は、3.7GHz(ギガヘルツ)帯および4.5GHz帯と28GHz帯となる。周波数は高ければ高いほど光に似通った性質を持つため、クロサカ氏によると、「28GHz帯はほぼ光の性質を持つ」のだと言う。そのため、現在の4Gのように建物を回り込んで端末に届くことはなく、基地局から直接届くような場所でないと電波が来ないという状況が起こりうる。

クロサカ氏:これまでとはまったく違った発想が必要で、室内に基地局を打つということになります。都市生活者は1日のうち8割ほどは室内にいるので、室内にどうやってネットワークを作るかが問題ですが、逆に考えれば、新しいビジネスの可能性があるということです。

これまでのようにキャリアが基地局設置に尽力するのか、国が支援して普及を後押しするのか、または新たな役割の担い手が登場するのか、日本の5Gスタートに向けて引き続きウォッチが必要だ。

また大容量の5Gでは、いわゆるパケ死問題がユーザーにとっては気になるところで、セミナーに「LIVEPARK」アプリの同時配信で参加していた視聴者からも質問が届いたが、「5G普及のためにはキャリアの努力が必要」だとクロサカ氏は訴える。

先行して5Gサービスが始まっている韓国では、キャリアのプランによって5Gを利用した方が4Gよりも割安になるセットが販売されているそうだ。

■5G時代のコンテンツはインタラクティブ性が高くなる!

セミナーの終盤は「ゲーム」「動画配信」「ライブ配信」「TV同時配信」「VR/AR」「ローカル5G」といった、5G時代に注目されるコンテンツサービスの提供方法についてのトークが繰り広げられた。

クロサカ氏は、「子どもたちが(スマホ画面のように)テレビの画面を触りにいく」という自身の体験から、ライブ配信はブロードキャスティングの代替ではなく、インタラクティブ性が強まっていくのではないかと言う。

「私たちの世代はテレビの前にじっと座って、笑ったり声援を送ったりしますが、子どもたちはテレビの画面を触るのです。そしてゲームのように反応しないことにがっかりする」

そして、「エンドユーザーにとっては、4G、5G、光ファイバー、Wi-Fiなどデータが送られてくる経路は関係なく、とにかく楽しいこと、素晴らしいことを提供してくれないか」と望んでいるのだと言い、「通信方式ではなく、アプリケーションやサービスに慣れ親しみインタラクションするのです」と続ける。

例えばVR/ARのコンテンツは、現在のような「面白いけれども、少しの物足りなさ、動きの違和感」(安藤氏)があるものが、5Gになってより現実に近いものになり、「それこそテレビの旅行番組などはVRコンテンツにもなる」(クロサカ氏)ことも期待される。

■エクスペリエンスを提供することの大切さ、プライバシーの問題も

進行役の清田氏は最後に、「5G時代に出てきそうな新しいコンテンツ」をクロサカ氏に質問したが、ここでも同氏は次のように答えた。

「コンテンツそのものの新しさではなくて、私たちがコンテンツを体験する方法、体験そのものが変わるのではないかと思います。CESでも注目されていたエクスペリエンスの提供です。例えば、体験の場所が違うとか、インタラクションの仕方が違うとかで、きっと今の子どもたちは、同じコンテンツでも違う体験をしていくはずです」

そしてクロサカ氏はセミナーのまとめとして、次のようにCESでの話題を引用して5G時代のサービスのあり方を提言した。

「今年のCESでは映画『マイノリティ・リポート』(※)の世界が現実に近づくテクノロジーが出てきていました。この映画にはスーパー監視社会というネガティブな部分がありますが、CESで紹介されたデルタ航空のエクスペリエンス、最高の価値を提供することと同じようなものです。実はそれは少しでもずれるとすごく気持ち悪いことになるのです」

※『マイノリティ・リポート』2002年公開。スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演のアメリカSF映画。犯罪防止のための監視システムが敷かれた2045年の世界を描いた作品。

データプライバシーの問題について、クロサカ氏はこう続ける。

「本当にユーザーに選ばれ続けるためには、法律が厳しくなったから対応するのではなく、ユーザーの便益のために何ができるのかを徹底的に考えて、気持ち悪さを取り除いていくことが重要です。そしてユーザーが違和感を覚えたらすぐに積極的に対応することが事業者に求められる。これは頭の片隅ではなく、真ん中に置いておかないと、5G時代のサービスは作れないのではないでしょうか」

最高のエクスペリエンスを提供することは、ユーザー情報を管理するということでもあり、そこにも最大限の注意を払い続けることが必要だということだ。しかし一方で5G時代は、インタラクティブ性の高い、価値あるエクスペリエンスを提供することでユーザーを虜にする可能性があると言えることになる。

今回のセミナーでは、時間の都合で「TV同時配信」などについては触れられなかった。5G開始を控えてテレビ関係には最も注目される話題であるため、「このテーマだけでもう一度開催したい」(安藤氏)という発言もあった。次回開催を楽しみにしておきたい。

CES2020で実感した5G時代の“エクスペリエンス”の重要性〜『5G準備委員会』イベントレポート【前編】

ページトップへ
Twitter Facebook