博報堂DYメディアパートナーズとDACHDがメディアコンテンツ企業との新規事業共同開発プログラムをスタート
25NOV

博報堂DYメディアパートナーズとDACHDがメディアコンテンツ企業との新規事業共同開発プログラムをスタート

編集部 2017/11/25 10:00

株式会社博報堂DYメディアパートナーズとD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社は24日、米国のベンチャーキャピタル、WiL,LLCの協力のもと、メディア・コンテンツ企業との新規事業の共同開発を目的とするプログラム「Media Contents Innovation Camp(以下 MCIC)」をスタートすることを発表した。

従来のコンサルテーションサービスからさらに一歩踏み込み、事業開発に不可欠な要素である「人的リソース」と「リスクマネー」を供給し、メディア・コンテンツ企業との共同プロジェクトや合弁会社として事業化することをゴールとして活動を進めていく予定だ。

また、フィジビリティスタディと事業化という2つのフェーズで、プログラム参加各社による出資検討機会を設置。リスク分散を行うことで、単独参入が難しかった成長ポテンシャルの高い事業にも参画できるような環境を整備する。

さらに、メディア・コンテンツ企業の事業開発ニーズに応じて、「Discovery Workshop(ワークショップ)」、「Ideation Meeting (ミーティング)」、「Incubation Project(プロジェクト)」という3段階のメニューを用意。WiLのビジネスプロデューサーによる先進のテクノロジーやビジネスモデルのインプット、メンタリングなどを継続して行うことで、成長市場への参入機会や事業性の見極め、ビジネスモデルの構築、事業計画立案など一連の事業開発フローを円滑に推進する。

リリース

[前編]情報のデジタル化から生活のデジタル化へ~メディアイノベーションフォーラム2017

PAGE TOP