ソニー、CES2017で4K有機ELテレビ「BRAVIA A8F」などを発表
09JAN

ソニー、CES2017で4K有機ELテレビ「BRAVIA A8F」などを発表

編集部 2018/1/9 13:00

ソニーは9日、米国ネバダ州ラスベガス(現地時間1月9日より)で開催される「CES 2018」の主な出展内容、参考展示について発表した。

最新の4K有機ELテレビ、スポーツシーンでも高音質な音楽を楽しめるワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット等の新商品群をお披露目するほか、高度な完全自動運転社会の実現への貢献を目指す車載向けイメージセンサーや、日本国外では初めての展示となる“aibo”(アイボ)を含む人工知能(AI)×ロボティクスの領域における取り組みなども紹介。

現地時間1月8日に行われた記者会見では、ソニー株式会社 社長 兼 CEOの平井一夫氏が登壇し、「お客さまにとって価値のある、創造的な体験やエンタテインメント体験を多彩な商品を通じてお届けするために、コンスーマーエレクトロニクスの領域においてイノベーションを起こしていく余地は依然大いにある」と述べた。

また、今回の主な展示について、公式HPにてリリース。4K有機ELテレビ ブラビア「A8Fシリーズ」は、昨年発売された「A1シリーズ」に採用した4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」と、画面自体を振動させて音を出力する独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。薄くて目立たず奥行きの短いスタンドが採用されており、場所を選ばず設置しやすい4K有機ELブラビアのラインアップが追加されている。

また、4K液晶テレビ ブラビア「X900Fシリーズ」は、同様に「X1 Extreme」を搭載。新技術「X-Motion Clarity(エックスモーション クラリティー)」によって、動画応答性能が改善。85インチ(※取り扱いサイズは地域で異なる)までの大型サイズも展開し、大画面で視聴する映画や、スポーツの動きの速いアクションシーンでも、スムーズでクリアな映像を高画質で楽しむことができる。

そして、次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメイト)」を参考展示。同プロセッサーは、X1 Extremeに対し約2倍のリアルタイム画像処理能力を実現。液晶と有機ELそれぞれのディスプレイパネルの特長を引き出し、ブラビアとして最高レベルの画質の実現を目指す。会場では、「X1 Ultimate」を搭載した8Kディスプレイも参考展示。8Kディスプレイのデモ機において、独自のバックライト技術を組み合わせることで実現する、8K HDRコンテンツのリアルタイム処理と、HDRフォーマットの最高値 10,000nitsの超高ピーク輝度が表現される。

リリース

PAGE TOP