仙台放送、東北大学と「ドライバーの運転技能向上トレーニング」アプリを共同開発
11MAR

仙台放送、東北大学と「ドライバーの運転技能向上トレーニング」アプリを共同開発

編集部 2018/3/11 09:00

国立大学法人東北大学加齢医学研究所と株式会社仙台放送は7日、「ドライバーの運転技能向上トレーニング」を行うアプリケーションを産学連携により共同開発。日本における特許取得を行ったことを発表した。

このアプリケーションは、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授による脳科学研究の成果と、仙台放送が開発・放送している脳のトレーニング番組『川島隆太教授のテレビいきいき脳体操』の知見を元に、運転者の認知機能を高めて運転技能の維持・向上を図るトレーニングを行うもの。高齢ドライバーによる事故防止という社会課題の解決に寄与することを目指している。

川島隆太教授のいきいき脳体操ドライビングアプリ

リリース

PAGE TOP