ソケッツ、J:COM TVに放送データの提供を開始
06APR

ソケッツ、J:COM TVに放送データの提供を開始

編集部 2018/4/6 10:30

株式会社ソケッツ(本社:東京都渋谷区、以下「ソケッツ」)は4日、株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区)が提供するケーブルテレビサービス「J:COM TV」に、同社メディアサービス・データベース(MSDB)より「放送番組つながりデータ」の提供を開始したことを発表した。

MSDBとは、同社が開発した音楽、映像、書籍、放送、人物、施設、一般商品情報などを体系的かつ特徴情報を詳細に分類したデータベースであり、人の感性や感情を捕捉した「感性メタデータ」をキーとしたプロファイリング、アナリティクス、パーソナライズ、レコメンド、マーケティングサービスを実現している。

今回の取組は、MSDBが保有する「放送番組つながりデータ」を活用し、「J:COMTV」が提供する多チャンネルの放送番組に対して、番組同士の関連性からおすすめしたい番組のキュレーションを行うことで番組間の回遊性を高め、ユーザーの番組視聴体験を豊かにすることを目的としている。

同社は、今後もさらなるサービス価値向上に向け取り組み、ユーザーの放送番組の視聴体験がより充実したものとなるよう努めていく方針だ。

リリース

PAGE TOP