電通、タウンWiFi社と資本業務提携!高精度な位置情報に基づく広告配信を実現
08APR

電通、タウンWiFi社と資本業務提携!高精度な位置情報に基づく広告配信を実現

編集部 2018/4/8 08:00

株式会社電通(本社:東京都港区)は4日、公衆Wi-Fi自動接続アプリを提供する「株式会社タウンWiFi」(本社:東京都港区、以下「タウンWiFi社」)と資本業務提携したことを発表。同社は、3月に提携したGroundTruth社(以下「GT社」)のテクノロジーやプラットフォームとタウンWiFi社のアプリを連携させることで、GPSによる緯度・経度情報とWi-Fiによる位置情報を組み合わせ、より高精度な位置情報に基づく広告配信を実現していく。

現在、「タウンWiFi」アプリは、国内50万カ所の公衆Wi-Fiへの接続が可能で、250万人に利用されている。タウンWiFi社は、このサービスを通じて蓄積した多様なPOI情報を基にWi-Fi接続時にアプリへ表示するポップアップを通じて、購買に近いタイミングでの情報提供を行っている。

同社、タウンWiFi社、GT社のそれぞれが保有するデータを組み合わせることで、タウンWiFi社のアプリのみならず、外部アプリに対しても最適なタイミングで最適なターゲット層に広告を配信することが可能となる。

また、”人”を起点とした「People Driven Marketing」のさらなる強化に向けて、GT社が保有するデータに加え、先日発表されたウネリー社やタウンWiFi社のように位置情報データに独自の強みを持つパートナーとの提携を加速し、世界最高レベルの位置情報マーケティングを国内で展開していく方針だ。

リリース

PAGE TOP