サイバーエージェント、Webマーケティング支援を行う広告事業新会社を設立
18MAY

サイバーエージェント、Webマーケティング支援を行う広告事業新会社を設立

編集部 2018/5/18 12:15

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区)は18日、全国各地の企業に対応するインターネット広告代理事業を専門に行う連結子会社として、株式会社CyberACE(読み:サイバーエース、本社:東京都渋谷区)を2018年5月1日に設立したことを発表した。

スマートフォンおよび動画の普及によりインターネット広告市場の拡大が進む昨今、企業にとってインターネットを活用したマーケティングが不可欠となっている。同社は、国内において、東京・大阪・名古屋・福岡に拠点を構えて営業活動を行ってきたが、拡大する市場・顧客のニーズを背景に、これらの拠点ではカバーをしきれなかった全国各地の企業を対象にインターネット広告代理事業を行う新会社として、株式会社CyberACEを設立した。

この新会社では、オンライン上の営業活動をメインにすることで、営業拠点に捉われることなく、全国各地のあらゆる企業に対応することが可能となる。整備された営業体制とオペレーション体制の元、同社の強みである広告運用力とクリエイティブ力を活かすことで、手厚いフォローおよび費用対効果の高い効率的な広告効果を図り、顧客満足度の高いサービス提供を実現していく方針だ。

リリース

テレビとネットの技術タッグ~テレビ朝日とAbemaTVのエンジニアが語る成長の理由

PAGE TOP