全国16の放送局とヤマハが「SoundUD」活用の字幕支援事業に着手

編集部

7月24日、全国16の放送局がヤマハ株式会社と国立研究開発法人情報通信研究機構(以下NICT)と連携して、スマートフォンによるセカンドスクリーンを活用した字幕支援事業に着手したことを発表した。視聴覚障がい者や高齢者を含む全ての視聴者がテレビ・ラジオ放送の内容を理解できる平等な情報アクセスの機会を確保することを目的に、これま...

関連タグ

ページトップへ
Twitter Facebook