チバテレ、地域経済を担う小規模事業者の事業継承事業の支援を発表
13AUG

チバテレ、地域経済を担う小規模事業者の事業継承事業の支援を発表

編集部 2018/8/13 09:00

千葉テレビ放送株式会社(本社:千葉県千葉市、以下チバ テレ)は、家業や個人事業などの地域の小さな会社の担い手を探すマッチングサービスを提供するアンドビズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下アンドビズ)と業務提携契約を締結したこと発表。この提携により、アンドビズが行う地域密着型小規模事業者の継承型M&Aによる地方創生プロジェクトを支援していくことが決定した。

アンドビズは、これまで支援が困難であった小さな会社の事業承継を行うためのインターネットマッチングサービスの運営と事業承継支援のための教育事業を軸としている。地域経済を担う小規模企業と若手経営者などの跡継ぎを結ぶアンドビズの事業を、地域との密接な関係を築き、確固たるローカルネットワークを駆使するチバテレがサポートするかたちをとる。テレビ局が中所企業の事業継承支援の取り組みを行うのは今回が初めて。

チバテレの篠塚泉代表取締役社長は今回の提携について、「県内の中小企業の跡継ぎがいない、事業承継ができないという問題をかねてから感じておりました。私どもの持っているローカルネットワークを活かして、千葉の経済界が元気になってほしいなと考えております」とコメント。



一方、アンドビズの大山敬義代表取締役社長は「第三者に事業を引き継ぐこと自体、中小企業の間では全く知られていないという現状があります。どのようにして事業承継ビジネスを知ってもらうかと考えたときに、一番良いのが地元のメディアだと思いました」とコメント。県外の起業家を千葉県に招き入れる計画を考えていることについても話した。

リリース

PAGE TOP