フジ、『サザエさん』レギュラー放送では初のデータ放送をスタート
07OCT

フジ、『サザエさん』レギュラー放送では初のデータ放送をスタート

編集部 2018/10/7 08:20

フジテレビは6日、同局で放送中の『サザエさん』(毎週日曜18:30〜)において、レギュラー放送では初となるデータ放送を7日(日)よりスタートさせることを発表した。

2019年にアニメ化50周年を迎える本作。今回スタートするデータ放送では、様々な企画を用意。まずは、リモコンのdボタンを押して、番組最後の<サザエさんじゃんけん>でサザエさんとじゃんけん勝負。勝敗結果によって、次回放送時にスタンプがもらえるようになっており、スタンプが多いほど豪華な賞品に応募できるようになっている。

スタンプをためるとキーワードが表示され、そのキーワードをメモしてプレゼントに応募。毎月抽選で「サザエさんオリジナル賞品」がプレゼンされる。

また、過去10回放送分のサザエさんが出したじゃんけんの出目と、自分が選択した出目の一覧表の表示もされ、今日のじゃんけん勝負を予想するのにも有効だ。そして、その日放送されるエピソードのあらすじ&場面写真が見られるほか、エピソードの元となった原作も紹介。長谷川町子先生の貴重な四コマ漫画も見ることができるという。

番組初のデータ放送スタートについて、渡辺恒也プロデューサーは、「49年のレギュラー放送の中で初のデータ放送をスタートすることができ、とてもうれしく思います。<サザエさんじゃんけん>を勝ち抜いて応募できるプレゼントには、セルアニメ時代の貴重なセル画など『サザエさん』ならではの賞品をご用意しました!  また、<きょうのおはなし原作>のコーナーでは、原作マンガとアニメとの違いを比べてみたりと、今まで以上にアニメ『サザエさん』をお楽しみいただける内容となっています。その他にも実はちょっとした“隠し要素”も用意していますので、探していただければと思います。ぜひご家族皆さんでお楽しみください!」とコメントしている。

PAGE TOP