TVer、サービス開始3年で1500万ダウンロードを突破
19OCT

TVer、サービス開始3年で1500万ダウンロードを突破

編集部 2018/10/19 10:00

在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営する民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」が、サービス開始から3年目となる2018年10月、累計のアプリダウンロード数が1500万を突破したことを発表した。

TVerの概況

■アプリダウンロード数が1500万を突破

2015年10月26日にサービスを開始して3年目となる2018年10月12日に累計アプリダウンロード数が1500万を突破した。

■7-9月期平均MAUは過去最高

7-9月期平均MAUは過去最高の599万となり、4-6月期比105.3%とキャッチアップサービス市場の中でも大きく伸長した。

■7-9月間平均再生数は4527万回で記録を更新

2018年7-9月期の月間平均再生数は4527万回、4-6月期比105.8%となり、四半期での平均再生数の記録を更新した。

調査レポート

■TVerの認知率は52.7%、女性Teen層は61.7%まで認知度がアップ

2018年10月時点で全国15~69歳の男女における「TVer」の認知率は、全体層で52.7%となり、中でも、女性Teen層では61.7%まで認知度が向上し、M1層(男性20~34歳)では52.0%となり、昨年12月以降、増加傾向にある。

※2018年10月「無料動画配信サービス及びTVerに関する調査」(株式会社マクロミル)より
調査対象:全国15~69歳男女

■TVerは「見たい番組が多い」51.1%、「画質がきれいである」57.8%、「再生がスムーズである」が51.1%

TVerについて全体層では51.1%が「見たい番組が多い」と回答。動画再生においても57.8%が「画質がきれいだ」、51.1%が「再生がスムーズである」と回答。動画投稿サイトと比較して高いことがわかった。

※2018年9月「無料動画配信サービス及びTVerに関する調査」(株式会社マクロミル調べ)より
調査対象:全国15~69歳男女・無料番組配信サービスを月に1回以上利用している方

民放9社によるキャッチアップサービスの概況

民放9社によるキャッチアップサービスの7-9月期平均MAUは1173万となり、4-6月期比100.3%と、月次で過去最高だった2018年5月を含む4-6月期の平均を上回った。

>リリース

PAGE TOP