TBSイノベーション・パートナーズ、日本最大級のスキルシェアサービスを運営するストリートアカデミーへの出資を発表
22NOV

TBSイノベーション・パートナーズ、日本最大級のスキルシェアサービスを運営するストリートアカデミーへの出資を発表

編集部 2018/11/22 12:20

株式会社東京放送ホールディングス(東京都港区、以下TBS-HD)の子会社で、 ベンチャー企業への出資・連携を推進するTBSイノベーション・パートナーズ合同会社(東京都港区、以下 TBS-IP)は22日、TBS-HDとの共同出資によるTBSイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合から、日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」を運営するストリートアカデミー株式会社(東京都渋谷区、以下ストリートアカデミー)への出資を実施。今後はストリートアカデミーと共に、 教育領域での事業開発を目指すという。

「ストアカ」とは、教えたい人と学びたい人をつなぐ、 まなびのマーケットで、日本最大級のスキルシェアサービス。登録費は無料で、単発から受講でき1講座数千円~と気軽に学ぶことができる。また、誰でも簡単に先生になれ、講座を持つことも可能。講座は、オンラインではなく対面式であることが特徴だ。現在、全国で25万人以上の登録者がおり、170ジャンル2万3,000講座以上が開催されている。現在、福岡、関西への展開も拡大中で、東京メトロ、蔦屋書店、近鉄百貨店、丸井グループ等と講座の共同開催、また自治体とは北九州市とも創業支援などの取り組みが行われている。

今回の出資の背景は、TBS-HDとして、 スキルシェアの認知拡大およびユーザーコミュニティ活性化に貢献するべく、TBSグループの番組・イベントと「ストアカ」の連動を軸とした事業連携を検討していくとのこと。

ストアカ

PAGE TOP