MBSイノベーションドライブ、京都市内の町家を活用した宿泊施設事業へ出資
03MAY

MBSイノベーションドライブ、京都市内の町家を活用した宿泊施設事業へ出資

編集部 2019/5/3 09:00

株式会社MBSメディアホールディングスは、完全子会社のMBSイノベーションドライブを通じて、京都市内で土地・建物を取得し、宿泊施設へと改装させる「Nazuna Kyoto Hanamachi 合同会社」へ出資したことを発表した。

本件は、京都市下京区にある既存の20棟あまりの古民家を町家連棟型宿泊施設(高辻大宮京町家群開発プロジェクト:仮称)へと用途変更・改装するもの。京都ならではの風情ある路地風景を再現し、伝統的な町家空間での特別な宿泊体験を提供して
いく事業となっている。

施設の運営は、宮崎県と京都府において「季楽」、「Nazuna」ブランドでハイエンド層をターゲットとした宿泊事業を展開している株式会社Nazuna が行う。また、同社が運営する「Nazuna 京都 二条城」は、ミシュランガイドで3つ星旅館を受賞するなど高い評価を得ている。

MBSグループは、テレビ・ラジオ番組やイベントなど、京都に関連するコンテンツを製作することはもとより、最先端技術によるデジタルアーカイブ化など、京都の伝統的文化コンテンツの高価値化・再発見を推進するプロジェクト「京都知新」に取り組んでおり、長きにわたり蓄積したこれらの知見や人脈、ノウハウを生かしてこの事業に協力。また関西におけるインバウンド観光事業は今後、大きな成長が見込まれることから、宿泊施設をきっかけに、MBSグループの持つ番組やイベントでのリソースを観光分野にも生かしていく方針だ。

リリース

PAGE TOP