ビデオリサーチインタラクティブ、2019年上期のスマートフォン動画広告出稿量を発表
02AUG

ビデオリサーチインタラクティブ、2019年上期のスマートフォン動画広告出稿量を発表

編集部 2019/8/2 11:53

インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区)は、2019年上期(1月~6月)のスマートフォン動画広告について、同社独自基準に基づいて収集・DB化した、デスクトップ・スマートフォンの動画広告やディスプレイ広告の広告統計サービス「digiads(デジアズ)」をもとに、インストリーム広告とアウトストリーム広告に分けて出稿状況を取りまとめた。

その結果、インストリーム広告では「ネスレ日本」、アウトストリーム広告では「NetEase Games」がトップとなった。

【関連記事】“視聴率調査の雄”ニールセンとビデオリサーチが取り組む デジタル広告の新たな指標「DAR(Digital Ad Ratings)」(前編)

■スマートフォン動画広告推定出稿量上位10広告主(2019年1月~6月) ※自社広告除く

■広告出稿社の業種別シェア(2019年1月~6月) ※自社広告除く

■インストリーム広告とアウトストリート広告の重複出稿状況(2019年1月~6月) ※自社広告除く

■デジタル広告統計サービス「digiads(デジアズ)」
・調査対象広告スペース
<スマートフォン>
主要なアプリ/ Webサイトより選定した約550の広告メニューを対象とする。

<デスクトップ>
主要メディアサイトより選定した約3,000の広告メニューを対象とする。

・調査方法
実際の機器(スマートフォン/PC)を使用し、クローラーにて広告素材を取得しDB化。

・主な集計項目
広告主名 / 銘柄名 / 素材別の推定インプレッション / 推定広告費集計機能
調査対象アプリ・Webサイト / 広告メニュー別の広告出稿状況集計機能
配信アドサーバー別の広告出稿状況集計機能

リリース

PAGE TOP