日本テレビ、日本eスポーツ連合「JeSU」に入会 民放キー局として初の正会員に
25SEP

日本テレビ、日本eスポーツ連合「JeSU」に入会 民放キー局として初の正会員に

編集部 2019/9/25 14:00

日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区)は、2019年10月1日(火)付けで、“JeSU”の略称で知られる一般社団法人日本eスポーツ連合(英語名:Japan esports Union)に正会員として入会。民放キー局が同法人に正会員として入会するのは今回が初。

【関連記事】日本テレビ、eスポーツ事業参入の背景と理由~担当者に聞く<vol.1>

JeSUは2018年1月に既存のeスポーツ3団体を統合し、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)の協力を得て設立されたeスポーツ団体。日本におけるeスポーツの振興を通して、国民、とりわけ青少年の競技力の向上及び心身の健全な育成に寄与することを目的としている。

日本テレビは、2018年7月よりeスポーツシーンの最前線を伝えるeスポーツ応援番組「eGG(エッグ)」の制作と放送を開始。なお、同年の6月には傘下にプロeスポーツチーム「AXIZ(アクシズ)」を創立しており、現在ではeスポーツタイトル「シャドウバース」「リーグ・オブ・レジェンド」「ストリートファイターV AE」のプロコーチ・選手を擁してゲームメーカーの公式リーグや公式ツアーに参戦している。

PAGE TOP