電通&電通デジタルがデータ連携ソリューション「People Driven DMP X」を提供開始
18DEC

電通&電通デジタルがデータ連携ソリューション「People Driven DMP X」を提供開始

編集部 2019/12/18 17:29

株式会社電通と株式会社電通デジタルは、データ連携ソリューション「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始した。同仕組みにより両社は、独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP®」と、アドビ システムズ株式会社、トレジャーデータ株式会社、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社セールスフォース・ドットコムといったマーケティングプラットフォーム提供企業のDMPやマーケティングクラウド、およびデータマーケットプレイスを連携させることができ、データ活用機会の拡大を図る。

People Driven DMP®は、PCやスマホ由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ(STADIA)、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を“人(People)”基点で活用することができる、People Driven Marketingのデータ基盤を指す。

【関連記事】テレビ視聴ログデータ活用の現在と未来~電通の統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」担当者に聞く~

People Driven DMP Xを活用することで、簡単かつスピーディーに複数のマーケティングプラットフォームへとアクセスすることが可能になる。なお、People Driven DMP Xの提供にあたって、電通がマーケティングプラットフォームとのデータ連携を行い、電通デジタルが顧客企業へのマーケティングシステム導入と広告設計・配信、CRMの運用サポートを行う。

リリース

PAGE TOP