フジテレビ、DX時代に海外番販売上3割アップを目指す~JET運用で日本のコンテンツ海外流通の底上げも/後編

テレビ業界ジャーナリスト 長谷川朋子

株式会社フジテレビジョン 編成制作局コンテンツ事業センターコンテンツ事業部部長職 東康之氏

ページトップへ
Twitter Facebook