アフターコロナを見据えた「放送コンテンツの海外展開」〜著者対談インタビュー後編

テレビ業界ジャーナリスト 長谷川朋子

デジタル化とグローバル化が加速するメディア環境のなかで、佛教大学大場吾郎教授編著による最新本「放送コンテンツの海外展開―デジタル変革期によるパラダイム」(中央経済社)を上梓した。拡張する放送コンテンツの海外展開に着目し、その理論と実践の両方の視点から網羅的に考察する初の専門書になる。大場吾郎氏と共著した朝日放送テレビ...

関連タグ

ページトップへ
Twitter Facebook