高品質で安定、低価格なCDNサービスの最新動向を探る!【Inter BEE 2017プレゼンレポート(前編)】
06DEC

高品質で安定、低価格なCDNサービスの最新動向を探る!【Inter BEE 2017プレゼンレポート(前編)】

編集部 2017/12/6 08:00

2017年11月15日~17日、幕張メッセで開催された「Inter BEE 2017(国際放送機器展)」。Screensは 多くの展示や企画のなか、INTER BEE CONNECTED内プレゼンテーションコーナーで行われた出展者プレゼンテーションを傾聴。ICTとメディア環境が日々広がり変化するなかで、テレビ放送をはじめとしたメディアコミュニケーションはどんな可能性を広めるのか、前編となる今回は、CDNサービスを展開する、JOCDN株式会社と株式会社Jストリームのプレゼンテーションの模様をレポートする。

■【JOCDN株式会社】災害時にも対応。放送局と取り組む動画配信に特化したCDN

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)がもつ、大規模配信に関する高い技術力と、民放各局がもつ動画配信サービスの運営ノウハウを融合し、高品質なCDN(Content Delivery Network)サービスを放送事業者及び動画配信事業者向けに提供するJOCDN株式会社(以下、JOCDN)は、「放送局が取り組む動画配信に特化したCDN」をテーマとするプレゼンテーションを実施。

JOCDN株式会社 藤川昭氏

スマートデバイスの普及と通信インフラの高速化にともない、国内の動画配信市場が急速に広がりつつある中、放送局にとってCDNのコストは、大きな負担となっていた。そんな中、高品質で安定的、かつコストパフォーマンスにも優れた同社のCDNを活用することは、放送局、並びに動画配信事業者にとっても大きなメリットと言えよう。

同社の強みは、国内配信に特化しており、技術面を担うIIJの国内ISPとしての実績や、ネットワーク運用ノウハウを活用している点にある。加えて、国内最大級のIIJバックボーンネットワーク内に、大規模なCDN設備を設置し、災害時等においても安定した映像配信を実現できるのも魅力のひとつだ。

また、2017年6月には、国内で多くの導入実績を持つ、動画配信プラットフォーム事業者のブライトコーブ株式会社、スキルアップ・ビデオテクノロジーズ株式会社、株式会社ロジックロジックの3社と、同社が提供するCDNサービスの接続試験が完了した。これにより、3社の動画配信プラットフォームを利用している顧客は、現在利用しているプラットフォームをそのまま利用しながら、同社のCDNサービスへの移行や導入が容易に行えるようになった。

最後に「今後も需要に合わせたシステム増強や機能強化を実施し、高品質で安定したコンテンツ配信を目指していきたい」と担当者より語られプレゼンテーションは締めくくられた。

同社の取組みについて、詳しくは当サイトでも紹介した「JOCDNが考える“放送局自らCDN事業を持つ”理由~インタビュー前編~」「JOCDNが見据えるCDN事業の現状と未来~インタビュー後編~」をご覧いただければと思う。

■【株式会社Jストリーム】安定的な配信パフォーマンスを維持するマルチCDN(Cedexis)の特性

株式会社Jストリーム(以下、Jストリーム)は、「マルチCDN(Cedexis)~IPサイマル配信時代に向けたCDNの在り方」というテーマでブレゼンテーションを行った。

株式会社Jストリーム 佐藤太一氏

同社は動画配信を主軸とした事業展開をしており、CDN事業をはじめ、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用からWebサイト制作、システム開発、アドサーバー連携や動画広告対応等によるマネタイズまで、総合的なサービスとソリューションを提供。昨年、米国Cedexis社が提供しているマルチCDNサービスの国内販売を開始したことでも記憶に新しいだろう。

同プレゼンテーションでは、1,000社以上の導入実績を持つマルチCDN(Cedexis)の概要を丁寧に解説。コンテンツ配信のパフォーマンス状況をリアルタイムに可視化し、複数のCDNの中から最適なCDNを自動で選択する、CDNの冗長化といった特徴を持つことが伝えられた。

本題となる「IPサイマル配信時代に向けたCDNの在り方」については、「リアルユーザーのモニタリングが重要」とした上で、最速・最安のCDNを瞬時に選択。急なダウン時におけるバックアップやバーストトラフィック対策、オーバーフローといった障害にも対応し、最適なCDNを選択できるCedexisは、安定的な配信パフォーマンスを維持するための強力なツールになりえるとした。

上記2社のプレゼンテーションから、高品質で安定、低価格なCDNサービスの提供に両社力を入れていることがわかった。放送局と手を組みサービスを提供するJOCDNと、常に最適なCDNの選択が可能なマルチCDN(Cedexis)、これら両社の取組みが、今後の国内動画配信市場をより盛り上げることになるだろうと、今回のプレゼンテーションを通し感じられた。

PAGE TOP