デジタルを活用したブランディングに革命を!「Hakuhodo DY digital_branding」が 始動
07DEC

デジタルを活用したブランディングに革命を!「Hakuhodo DY digital_branding」が 始動

編集部 2017/12/7 10:00

12月5日、株式会社博報堂DYデジタル(以下 博報堂DYデジタル)は、各ジャンルのスペシャリストが集まり、デジタルを活用したブランディング活動の支援と最大化を目的とした専門チーム「digital branding next」を発足し、「Hakuhodo DY digital_branding」を始動させることを発表した。

本取り組みは、以下の3つの領域において博報堂DYグループ独自のプラニング・ウェイを確立し、競争力のあるソリューションの継続的な開発を行うことで、ターゲットリーチや認知、好意、購入意向等の各種ブランド指標を最大化することを目的としている。

① 『メディアプラニング』領域
博報堂DYグループ独自のメディアプラニングツール「TV Cross Simulator」や「Handy Media Planner」を活用した、ターゲットリーチおよびブランド指標を最大化するためのクロスメディアプラニング、および動画メニューの最適アロケーションの実施。

② 『クリエイティブ開発』領域
テレビCMおよびインターネット動画広告、両者の役割を踏まえた統合視点でのクリエイティブ開発、および特定のブランド指標を最大化するための動画クリエイティブ開発。

③ それらを精緻に検証していく『メジャメント』領域
デジタル、およびクロスメディア環境下での広告出稿後のユニークリーチおよびブランド指標の統合的な測定・検証。

なお、『メジャメント』領域の運用サポート、および媒体社との新たな広告商品の開発やコンサルティングは、博報堂DYグループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社が担当する。さらに、デジタル広告の透明性や品質改善に全方位で対応する「Hakuhodo DY MQM_」(MQM:Media Quality Management、2017年8月リリース)を取り組みに包含していくことで、グループ一丸となって広告主企業のマーケティング効果の向上を図る。

本取り組みはデジタル領域を起点としながらも、博報堂DYグループの主力であるテレビをはじめとしたマスメディアと組み合わせたクロスメディアへの対応を目指していく。また、取り組みの中で得られた知見や開発されたソリューションについての発信を随時行っていく予定だ。

リリース

PAGE TOP