地域情報アプリ「ど・ろーかる」に動画投稿機能が追加
07APR

地域情報アプリ「ど・ろーかる」に動画投稿機能が追加

編集部 2018/4/7 08:00

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区)は5日、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」について3回目となるバージョンアップを実施。動画の投稿を募集するサービスを開始したことを発表した。採用された投稿作品は、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」(地デジ11ch)で放送されている『デイリーニュース』などで紹介される。

2017年4月に提供が開始された無料の地域情報アプリ「ど・ろーかる」(以下「ど・ろーかる」)は、J:COMのコミュニティチャンネルで放送されている地域のニュースやお祭り、花火大会など、ケーブテレビならではの番組を配信。スマートフォンやタブレットを活用して、自宅以外でもコミュニティチャンネルの番組が見られる点が利用者から好評を得ている。「ど・ろーかる」では、これまでも高速化やアーカイブ機能追加などのサービス拡充を行い、利便性の向上を図ってきたが、今回機能拡充された動画投稿サービスでは、ペット自慢や地元のスポーツ大会、グルメ情報などの地元映像を、アプリ内の専用フォームに必要事項を入力し、誰でも簡単に投稿ができるものとなっている。なお、「ど・ろーかる」への投稿にはTwitterアカウントが必要となるが、投稿は無料となっている。

同社は、これまで以上にきめ細やかな地域情報を提供し、視聴者とさらに身近な番組をコミュニティチャンネルを通して届けていく方針だ。また、災害発生時にもこの動画投稿機能を活用し、地域で必要とされる最新情報の提供に努めていくという。

リリース

PAGE TOP