電通「STADIA Live」を開発!テレビ番組・CM放送にネット広告とDOOH広告をリアルタイム連動
21MAY

電通「STADIA Live」を開発!テレビ番組・CM放送にネット広告とDOOH広告をリアルタイム連動

編集部 2018/5/21 11:00

株式会社電通(本社:東京都港区)は21日、テレビ番組・CMの放送内容にインターネット広告とDOOH広告(Digital Out of Homeの略、屋外や施設などに設置されているデジタルサイネージのこと)をリアルタイムで連動させる広告入札・配信管理システム「STADIA Live」(スタジア ライブ)を開発したことを発表。その広告効果を検証する実証実験が、同日より開始される。

このサービスの活用によって、テレビ番組内で取り上げられた場所、人物、モノなどのキーワードや、スポーツ試合の得点シーンなどを、テレビCMの内容にリアルタイム連動させ、インターネット広告の入札を自動的に開始/終了させたり、入札金額を変更したり、広告クリエーティブの変更を行ったりすることが可能となる。また、DOOH広告においては、事前に購入した広告枠のクリエーティブの変更が自動で行えるように。

「STADIA Live」の開発段階で実施したトライアルでは、テレビCMとインターネット広告のリアルタイム連動によって、広告主サイトへの新規来訪率が向上。また、テレビ番組に登場したキーワードとのリアルタイム連動では、広告への注目度やコスト効率が向上するなどの効果が見られたという。

また、このサービスは、2016年1月に同社が開発した「TV Live Meta Module(β版)」(テレビ・ライブ・メタ・モジュール・ベータ版)と運用型広告の入札システム、およびDOOHへの広告配信システムを連携させることで実現。現在連携している入札システムやメディアは、Google AdWords、Twitter、広告運用プラットフォームのThe Trade Desk、一部のDOOHなど。まもなく電通PMP(プライベートマーケットプレイス)とも連携する予定で、対象メディアも順次拡大していくという。

STADIA Liveの仕組み

今後、同社は「STADIA Live」を顧客企業によるさまざまなキャンペーンで活用することで、テレビ/インターネット/DOOHをつなぐ相互の広告効果の可視化および検証と、システムの更なる機能向上を推進していく方針だ。

リリース

PAGE TOP