テレビ東京ダイレクトのショッピングアプリ「てれとマート」がReproを導入
15JUN

テレビ東京ダイレクトのショッピングアプリ「てれとマート」がReproを導入

編集部 2018/6/15 13:30

株式会社テレビ東京ダイレクト(本社:東京都港区、以下テレビ東京ダイレクト)は13日、同社が運営するショッピングアプリ「てれとマート」に、Repro株式会社(本社:東京都渋谷区)が提供するモバイルアプリ向けの分析・マーケティングツール「Repro(リプロ)」を導入したことを発表した。

Eコマース事業において、既存顧客との関係を維持していくためのマーケティング手法としてリテンションマーケティングが重要。顧客維持のため、健全な関係を構築していくには顧客それぞれのステータスに合わせた適切なコミュニケーションを図っていくことが必要だ。

そこで、テレビ東京ダイレクトは生活情報に密着したテレビショッピングや、PC/モバイル端末向けのEC通販事業「てれとマート」を展開している。「てれとマート」アプリのユーザーの多くはテレビ番組を視聴し、商品の購入を検討している層だ。そのようなロイヤリティの高いユーザーが集客できるといった特性を有しているものの、これまで同社はアプリマーケティングを行う基盤を持ち合わせておらず、積極的なマーケティング活動を行うことができないという課題を持っていた。

このたび、「Repro」のマーケティング機能を活用した以下のような施策実施により、顧客とのコミュニケーションの活性化および顧客維持に繋げる。

<顧客維持施策例>
・直近1週間でアプリ再訪回数が多かったユーザーがアプリを訪れなくなったタイミングで再訪を促すプッシュ通知を配信する

・テレビ番組終了後、一定時間内にアプリへ再訪していないユーザーに対し、番組内で取り上げられた商品をお知らせするプッシュ通知を配信する

・過去の購入実績から一定回数以上の買い物をしているユーザーに対し、プッシュ通知を通じて特典情報を配信する

・人気商品をお気に入りに追加しているユーザーに対し、在庫数が少なくなってきた旨を伝えるプッシュ通知を配信する

今回の導入に際し、テレビ東京ダイレクト通販事業部で主事を務める寺原洋平氏は、「テレビ通販会社特有の課題だと思うのですが、普通の通販事業社様よりも高い確率で購買者の方のほとんどが初回購入のみで終わってしまいます。弊社でも以前から色々と施策は打ってはいたのですが、リピーターの育成が難しく、今年に入りアプリをローンチしたものの、その状況はなかなか好転しませんでした。この課題を早急に解決するため、Repro様のサービスを実装し、高いレベルでよりきめ細かなお客様とのコミュニケーションが可能になることが現時点での一番有効な打開策だと期待しております」とコメント。同社は今後も顧客との適切なコミュニケーションを実現するマーケティングツール「Repro」の提供を通じてアプリビジネスに貢献していく方針だ。

リリース

PAGE TOP