ライブ配信における広告の新たな取り組み~ラジコオーディオアド実証実験開始~
26JUL

ライブ配信における広告の新たな取り組み~ラジコオーディオアド実証実験開始~

編集部 2018/7/26 17:00

近年、ユーザーがSNSを使って手軽にライブ配信ができるようになり、動画投稿・配信に特化したサービスも数多く生まれ、“ユーザー起点”のライブ配信が盛り上がりを見せている。一方、民放公式テレビポータルサービス「TVer」のワールドカップコンテンツ、朝日新聞デジタルと朝日放送の「バーチャル高校野球」や民放ラジオ局の配信プラットフォームである「radiko(ラジコ)」などでも、ライブ配信が実施されており、“メディア起点”のライブ配信も広がりを見せている。

特にメディア起点のライブ配信の場合は、不特定多数のユーザーにメッセージを届ける媒体になることから、広告が入る場合がある。このようなライブ配信における広告については、既に様々な取り組みが行われており、ラジコでは、7月24日よりラジコオーディオアドの実証実験を開始した。従来、ラジコ上では地上波ラジオと同じ広告が流れていたが、地上波とは異なる広告を、ユーザー毎に合わせて流すというものである。

radikoは2010年12月に設立、民放ラジオ局の「IPサイマルラジオ」配信サービスとして実用化し、2018年7月現在、民放ラジオ101局中93局が参加している。2017年秋からはNHKラジオ(第1・第2・FM)も実験的にラジコに参画する等、ラジオというメディア全体のプラットフォームとして配信事業に取り組んでいる。ラジコでは番組の大半をライブ配信しており、1週間まで過去の放送を遡って聴くことができる「タイムフリー機能」や、有料会員のみだが全国の放送局が聴ける「エリアフリー機能」など、様々な機能も提供している。

広告については、サービス開始以来長らく地上波ラジオと同じものをラジコでもライブ配信する形をとってきた。つまり、地上波ラジオで自動車メーカーの広告が流れているときは、ラジコで誰にでも同じようにその広告が流れているのである。しかしこの度、冒頭の「ラジコオーディオアド」の実験開始によって「地上波とは異なる広告」かつ「ユーザー毎にマッチした広告」を配信できるようになったのだ。

今回の取り組みは実験であることから地上波での広告を別の広告に差し替えるのではなく、ラジオ局の番宣に使われている部分を差し替えることになる。

また、対象となるエリア・ラジオ局は在京局に限られるが、今後は在阪局、そして全国へと順次拡大予定だという。

ラジコは広告も含めたライブ配信を早期より行っていたが、ここへ来て地上波とインターネット上の広告差し替えをユーザー単位で行えるようになった状態だ。

今後も、こうしたメディアによるライブ配信の“広告の届け方”に注目していきたい。

リリース

PAGE TOP