CCI・電通・電通デジタルのグループ3社が「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始
07SEP

CCI・電通・電通デジタルのグループ3社が「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始

編集部 2018/9/7 19:30

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区)、 株式会社電通(本社:東京都港区)、 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区)のグループ3社は7日、 インターネット広告の新たな取り組みとして、 インストリーム動画広告(動画内に流れる広告)においてプレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供開始を発表した。

このサービスでは、広告掲載先をプレミアム媒体に厳選し、 掲出する動画コンテンツを広告主によって厳しく管理されたものに限定することで、 「広告が“人”ではなく“機械”によって不正なインプレッションやクリックが発生していないか」(アドフラウド)や、 「不適切なサイトに広告表示されていないか」(ブランドセーフティ)といったインターネット広告における価値毀損の問題を克服することが可能となる。

これまでも同社グループでは、 多様なインストリーム広告サービスの開発・提供で業界をリードしてきたが、このサービスでは従来にはないレベルでの安心・安全な動画広告を実現。具体的には、 広告の掲出先となる媒体は民放のキャッチアップ配信(広告掲載先:各放送局配信サイト・公式ポータルTVer)やGYAOなどのプレミアムな媒体を保有する企業(毎日放送、テレビ朝日、朝日放送テレビ、関西テレビ 、GYAO)のみとなり、 コンテンツの取り扱いついては次の2つの条件を満たすものに限定している。第1に、 有力な媒体社によって管理された動画コンテンツであること(ユーザー投稿型の動画ではないこと)。 第2に、 適法であること(違法なアップロード動画ではなく、 著作権・肖像権等の処理がなされていること)。

このサービスの運用にあたっては、 “人”基点のマーケティングを最先端の技術で実現しROIを最大化する同社グループならではの「People Driven DMP」が最大限利用される。 尚、同社グループは、 今後も広告主が提供する商品・サービスのブランディングに資するこのような広告サービスを通じ、 プレミアムコンテンツの制作者に利益還元がなされ、 更なる優良コンテンツが生み出されていくようなエコシステムを構築し、 加えて広告主に安心・安全かつ安定的な運用型広告サービスの提供ができるよう尽力していくと発表している。

リリース

PAGE TOP