フジテレビ、zeroと鳴門市プロモーションCMを制作
08DEC

フジテレビ、zeroと鳴門市プロモーションCMを制作

編集部 2018/12/8 19:30

株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、以下フジテレビ)は6日、株式会社zero(東京都渋谷区、以下zero)と共同で、徳島県鳴門市のプロモーションCM「Beyond Naruto」を制作したことを発表した。このCMは、 2018年12月6日(木)13時から公式ページで配信され、2018年12月中旬~2019年3月下旬(予定)で関西テレビ放送、 四国放送にて放送される。

本企画は、大鳴門橋が関西方面と繋がる四国の玄関口であるという利点を最大限に生かすため、四国のゲートウェイとしてふさわしいイベントや受入れ体制づくり、PRを通して鳴門市の観光振興と地域の活性化を推進するためのプロジェクト。今回制作された鳴門市プロモーションCM「Beyond Naruto」は、「大昔、 渡海のために人々が大渦に立ち向かったら、どのような方法で渦越えをするのか」というフェイクヒストリーを映像化した作品となっている。渦潮のインパクトを最大限に表現し、 「鳴門の渦潮」の魅力を全国へ発信する。

3本立てとなっており、「其の壱 深篇」は、最大深部90mを誇る世界最大級の大渦へ村の青年・越太郎(こえたろう)がひとりで立ち向かう。そして「其の弐 速篇」では、最大潮流20km/hを誇る大渦に対し、越太郎に加え村の大男・御太助(おたすけ)と青年の友・松史蔵(まっしぐら)の三人が渦潮のスピードに挑む。最後の「其の参 幅篇」では、最大直径20mを誇る渦潮に対し、村の男たち総出で最後の戦いに臨む、という内容になっている。

テレビで放送される「其の先 再篇」は、男たちが成し遂げられなかった渦潮の攻略を越太郎の妻・鳴子が村人を引き連れ再度挑むという内容で、 3回の挑戦の総集編。フジテレビは、テレビ番組の制作で培ったコンテンツ制作力を地方創生や地域復興に活用し、その特色をいかに楽しく、分かりやすく伝えるということを、zeroをはじめとする企画制作会社と共同して創造していく方針だ。

PAGE TOP