TVISION INSIGHTSとイェール大学の上武康亮准教授が共同研究を開始
17JAN

TVISION INSIGHTSとイェール大学の上武康亮准教授が共同研究を開始

編集部 2019/1/17 17:00

TVISION INSIGHTS株式会社(本社:東京都千代田区、以下 TVISION INSIGHTS)は、米イェール大学経営大学院の上武康亮准教授(所在:アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン市)と共同研究を開始することに合意し、2018年12月より日本におけるテレビマーケティングの発展に関する視聴質データの活用について共同研究を開始することを発表した。

TVISION INSIGHTSは、人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢から「視聴質」データを取得し、提供している。今回の共同研究では、視聴質を始めとする新しいテレビデータの活用により、

・どのような変化が市場に及ぼされるのか
・どのような切り口が可能となるのか
・どのような新しいマーケティング手法が可能となるのか

について、複数のアプローチによりデータ解析を深め、新しい知見の創出することを目標としている。

テレビのCPMを上げる“アドバンスドTV”~米国テレビマーケットアップデート2018~

上武准教授は、マーケティングサイエンス、実証ミクロ経済学を専門とし、経済学、マーケティングの理論に基づいた消費者ビッグデータの分析と、それに基づいたターゲティング戦略、価格戦略、レコメンデーション戦略などの意思決定について研究してきた。近年では、心理学や行動経済学を取り入れたデータ分析を日米の企業と共同研究している。

今回の共同研究によって、両者のユニークなデータと知見を組み合わせることで、テレビマーケティングのさらなる進化に貢献することを目指す。その一環として、研究セミナーの開催・論文などの形を介して、研究成果を随時公開していくことを予定している。

リリース

PAGE TOP