日テレ、生放送中にAIがすぐに答えてくれる新サービスをスタート
04FEB

日テレ、生放送中にAIがすぐに答えてくれる新サービスをスタート

編集部 2019/2/4 10:00

日本テレビは4日、生放送中に「見逃した!」「もう一回見たい!」という情報をAIキャラクターがすぐに答えてくれる新サービスのスタートさせた。

このサービスは、2018年10月にスタートし、「気分がアガる♪」情報を伝えする生放送の情報番組『バゲット』(毎週月~木曜日、10:25~)と日本テレビのミライ型キャラクター育成バラエティ『アイキャラ』から誕生したキャラクター「ひらがな男子」がコラボしたもの。

これまで視聴中の番組内で気になる情報があった場合、視聴者自身がネット検索するなどして情報を探し出す必要があった。しかし、このサービスは「今のお店の場所を見逃した!」「さっきのエンタメ情報もう一回教えて!」といった視聴者にLINE上で会話を楽しみながら必要な情報をAIがタイムリーに答えてくれるAI会話サービスとなっている。

様々な情報を教えてくれるのが、その「アイキャラ」から誕生した、擬人化キャラ「ひらがな男子」の「う」さん。CVは、声優の市川太一が担当している。

『バゲット』で放送されたお店や商品の情報以外にも、エンタメ情報やプレゼント情報も網羅。さらにスマホならではの機能を生かし、地図照会やショッピングサイトにもスマートに案内してくれるという。ほかにもお気に入りの有名人の名前をつぶやくと日テレでの近々の出演予定を探してきてくれたり、「う」さんならではの生業を生かした占いコンテンツも。時には『バゲット』に出演中のアナウンサーの秘密も教えてくれることも?

<サービス提供期間>
2019年2月4日~2019年3月31日までの期間提供

リリース

PAGE TOP