TVISION INSIGHTS、風邪薬の企業CMランキングを発表
07SEP

TVISION INSIGHTS、風邪薬の企業CMランキングを発表

編集部 2019/9/7 16:14

TVISION INSIGHTSでは、独自に計測した視聴質データを基にした「企業CMランキング(風邪薬)」を発表。2018年9月~2019年2月に放送された「風邪薬」のCMにおける1位は大正製薬という結果になった。以降は、2位・第一三共ヘルスケア、3位・武田薬品工業、4位・グラクソ・スミスクライン、5位・エスエス製薬。

【関連記事】視聴質データで再評価されるテレビCM『見られるテレビ広告とその価値の活用』

本ランキングは、テレビが点いている際にどれくらいその前に滞在しているかの度合いを示すVI値(滞在度=Viewability Index)と、どれくらいテレビ画面に人の顔が向いているかの度合いを示すAI値(注視度=Attention Index)をかけあわせた、「VI値×AI値」の高い順に並べたもの。これは専念視聴度合いを示す指標であり、数値が高いほどそのCMがより注視されていることを示している。

リリース

PAGE TOP