テレビとSNSの相乗効果で流行につながった!?マイナビティーンズ「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表
25NOV

テレビとSNSの相乗効果で流行につながった!?マイナビティーンズ「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表

編集部 2019/11/25 17:15

株式会社マイナビが運営する10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」は、「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表。上半期と同様に、テレビに影響を強く受けているだけでなく、テレビとSNS、両方で相乗効果を生み出し、流行につながったものが多くランクインする結果となった。

「ヒト篇」では、TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』にて「東京ドラマアウォード2019」個人賞を受賞した俳優・横浜流星が1位を獲得。また、「コト篇」では、横浜流星も出演していた『あなたの番です』が1位、菅田将暉が主演を務めた『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』は2位と、ドラマ2作が上位に選ばれている。

本ランキングでは、2019年に流行した“モノ・ヒト・コト・コトバ”の4ジャンルについて、13歳から19歳までの女性510名によるアンケート回答を集計したもの。「モノ篇」はマリオカートツアーや東京ディズニーシーのソアリン、「コトバ篇」には悲しい時や感極まって泣いてしまいそうな時に使われる“ぴえん”など。

「マイナビティーンズ」

PAGE TOP